経営方針

教育目標   

 児童生徒一人一人が自己を大切にするとともに明日への希望を持ち、好ましい人間関係のもとで笑顔を絶やさず、自ら考えて学ぶことを通して、社会の一員として自立し社会参加する力を養い、明るく元気で朗らかに生きる児童生徒の育成を目指す。


教育方針   


 

  1. 校訓「学ぼう、明るく 仲よく 元気よく」の理念を日々実践することを通して「教育目標」の実現に努める。
  2. 児童生徒一人一人の病弱・身体虚弱などの状態及び特性等を踏まえ、小・中学校並びに高等学校の目標の達成に努める。
  3. 病弱・身体虚弱などによる種々の困難を改善または克服するために必要な知識、技能、態度、習慣を培って自ら健康を回復する意欲を育てる。
  4. 教職員と児童生徒との心のふれあいを通じて得た信頼関係を基盤に、児童生徒の積極性・自主性・社会性を育て、個性や能力の可能性を最大限に伸長する教育を行う。
  5. 学校、病院、家庭等との緊密な連携により、児童生徒の学習環境や生活の充実を図る。

 


平成29年度の重点目標   

  1. 病気等による学習の空白や遅れなどを踏まえ、基礎的・基本的な学習内容の理解と活用に重点を置いて指導を充実させる。
  2. 病気等による児童生徒の体験の不足を補うため、体験的な活動を工夫し効果的な学習を進める。
  3. 児童生徒の病気の状態や発達段階などに応じたキャリア教育・進路指導の充実に努める。
  4. テレビ会議システム等のICT機器を活用して各院内教室、小児医療センター校等の児童生徒の交流を進める。
  5. 児童生徒の学習状況等について、個別の教育支援計画、個別の指導計画を活用した丁寧な説明を行い、保護者、関係機関等との連携を充実させる。
  6. 教職員の専門性の向上に努めるとともに、病弱教育の専門性を生かした小・中学校等への相談支援を行う。
  7. 学校運営が円滑に行われるように業務内容の整理や実施方法等を見直して改善を図る。
 

カウンタ

COUNTER144521

赤城特別支援学校マスコット